精神安定剤と副作用の因果関係|慎重に掘り下げてみるデパス

精神安定剤

主に気持ちを落ち着かせたり、理由無く不安や緊張等を感じる事を改善する事が出来る精神安定剤や抗不安剤として用いられるデパスとは、これら以外の心身症や自律神経失調症、更年期障害等の気分障害に対しても効用を持つとされ、他にも多くの作用を持つ事から万能な薬剤としても知られ又、国産の医薬品となる事も特徴とされ、科の領域を問わず多くの疾患に処方が行われている経口による内服で効果を発揮する剤型を錠剤とした飲み薬になります。
デパスの精神安定剤としての作用以外にはまず鎮静や催眠作用が挙げられ、脳に起こる興奮を鎮める事が出来るとされ脳が興奮状態にある為に寝付きを悪くしてしまう不眠症の一つ入眠困難を改善する睡眠導入剤としても用いる事ができ、作用もやや強いとされる事から内服してから十五分程で眠気が起こるとされています。
又、筋肉を弛緩する作用が有る事から慢性的となる腰痛や首や肩の凝りをほぐす事も出来るとされ、応用して緊張性の頭痛にも用いられ筋肉の強張った状態や張った状態を改善する事が出来るとしており、痙攣の予防として用いられる事もある事から抗痙攣作用も持つとされ痙攣性の疾患にも用いる事があるとしています。
気持ちを落ち着かせる神経の集まるBZDトランスポーターに成分であるエチゾラムが結合する事により体を落ち着かせる神経を活性化させ上記の様な作用を齎してくれるとしており、デパスはチエノジアゼピン系(精神安定剤)に分類されている医薬品となりますが化学構造上、作用機序からベンゾジアゼピン系にも似ているとされているので多くの疾患に有効とされています。
短時間作用型とされるので薬の体外への排泄が早い事から副作用は比較的少ないとされており、眠気やふらつき目眩、体への倦怠感を感じる事が有るので内服後に自動車の運転等を行う事は控えた方が良いとされ、効き目が強い方なので頼りがちになりますが自己判断により投与量をむやみに増量する事は重篤副作用症状の中に挙げられている依存症を起こすとされ、急な断薬により離脱症状を伴う事にもなるので、重篤副作用を起こさない為にも用量は医師に判断によって適宜増減する様にする必要が有ります。